Me-Style Top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
熱い父と息子の会話?
orosu.jpg


「大変ですっ!台風3号の影響でか 急な雨と強風でゴンドラがっ!」


「現場のMeさん?どうしましたか?詳しく説明してください」


「はい。こちら現場のMeです...」



「何やらビルで工事中のゴンドラが 宙にぶらさがり中々おりられない模様です!」


「とても緊迫してます!ゴンドラと下にいる人とのやりとりが聞こえます!」


「そうですか...音声が届きませんね 伝えてくれますか?」


「はい...えっと...」







「ごぉらっ!サトシっ!さっさと降ろさんかいっ!」

「仕方ねぇだろっ!すぐには動かねぇんだよっ!」


・・・・・・・・強風は益々強く!雨は土砂降り・・・・・・・


「何ごぉらっ!鈍まっっ!グズっ!!」

「うっせーな!クソオヤジ キンタ(ピーッ)あんだろっビビってんじゃねぇーよ」

「何ごぉらっ!クソガキ!てめぇこそ ケツのア(ピーっ)小さえ癖に!」

「ぶっころス!」

「何ごぉらっ!てめぇ降りたらタダじゃおかねーぞっ!」

「おおっ!上等だてめぇ!キンタ(ピーっ)引っこ抜いて(ピーーっ)にぶっこんだろうかっ!」






「と...このような会話が行われていますっ!」

「あぁ!やっとゴンドラが下へついたもようです!」

「以上現場よりMeがお伝えしました!」




その後...父と息子の熱い会話がどのような形で終結したのかは
民家と雨と風に消され知れる事もなく


そして今。。。
現場は何事も無かったのかのように雨と風の音と。。。
近所の奥様達が窓から覗いているのか「クスクス」という笑い声が木霊している




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

fc2bookmark
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。