Me-Style Top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ディップちゃん続くよどこまでも
先日観たジョニー・デップ主演の映画


『ネバーランド』

劇作家ジェームズ・バリが、未亡人シルヴィアとの出会いをきっかけに、名作
「ピーター・パン」を書き上げるまでを描く感動作。1903年のロンドン。
新作の芳しくない劇評や、妻とのぎくしゃくした関係に悩むバリは、シルヴィアと
4人の息子たちとの交流に安らぎや生きる喜びを覚えていた。
父の死を心の傷としている三男のピーターに書くことのすばらしさを伝え、病気を
抱えたシルヴィアを気遣うバリ。やがて舞台「ピーター・パン」は初日を迎えるが…。



とてもステキな映画でした...
観ながら 母として女として色々感じるところがありましたね
ジョニー・ディップ演じる劇作家ジェームズ・バリが自由奔放な不倫劇を
やらかしているように見えますが ワタシにはそうは見えませんでした
いや...自分の旦那だったら...うーん(笑)




dvd-sle.jpg
『スリーピー・ホロウ』

首なし騎士が村人の首を切りとって持ち去るという連続猟奇殺人事件が続出し
捜査官ジョニー・デップがその捜査に乗り出す。
おどろおどろしい題材を扱いながらも、そこはさすがティム・バートン監督である。
彼独特のユーモアのさじ加減が絶妙に効いていて、テンポのよい見ごたえのある
娯楽作に仕上がっている。
名コンビであるジョニー・デップのキャラクターも、いつもながらユニークで楽しい。
捜査官ながらかなり気が弱くてナィーブな3枚目の人物で、普通のヒーローとは一味違う主人公だ。



ビジュアル的に「うっ」とくる残虐なカットが多々あるにもかかわらず
ディップ演じる捜査官のキュートな面を見ると思わず「ニヤリ♪」
映像の美しさも衣装も...騎士が森の闇中から出てくる所も最高に楽しめました
ホラーって聞いたので 苦手なワタシはビビリながら見たのですがとても面白かったです
それにしても...女のワタシが言うのもなんですが...
女って怖いねぇ~。。。ぶるっ






そうそう...先日「チャーリー~」を子供達を連れて再度観に行ってきました
吹き替えでしたので二人とも楽しんでくれると思ったのですが
一年生のムスコはぜんっぜんノーリアクション! つまらんっ
(しかし OOMPA LOOMPAにはビビっております なんでじゃ)

四年生のムスメは「あのピンクの羊はどうなるのか」とそればかり
あ。後「ママがウォンカさん・ウォンカさんと騒ぐのが少しわかったよ」などと
なんとまぁ子供らしくないコメントをしてましたヨっ



さてさて。。。これから昨日借りてきたDVDを見ますです
当分続くよ「ディップ三昧」 うひゃひゃひゃひゃ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

fc2bookmark
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。